TOPスポンサー広告母子家庭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:スポンサー広告
TOPアスペ育児:記録母子家庭

母子家庭

自分ひとりで子供二人を働きながら

育てていく事ができるんだろか?


しかも、一人は障碍児。

毎日、毎日、学校と連絡を取り合わなければいけない。


散々考えたものの、夫婦を再生することは不可能でした。

なぜなら、夫自身がどうやら発達障碍があるのではないかと

思われるため、どう説明しても理解してもらえない

どう説明しても協力してもらえない

Drからは、お父さんにも問題があると指摘される。

実家からも、「母子家庭だね」といわれる。



ある時から、私の中には、この人とは子供は育てられない

という思いが強くなりすぎてしまいどうすることもできなくなりました。


居ても居なくても、母子家庭なら

居なくても同じということではないか。


そう思った時、私は別居をし、離婚しました。



引越しを済ませてから、数日後、先生から連絡がありました。


タカ君が、教室の片隅にうずくまって泣いてばかりいて

勉強にならないんです。

どう声をかけてあげてもねえ・・・泣いてばかりいて

「ぼくにはもうお父さんが居ないんだよ」

ってばかり言っていて可愛そうでならないんですよ。。



という電話でした。


これには予想外でした。


そして、タカに直接聞くと「平気だよ」といいます。


けれど、タカの言葉を信じていても


ある晩の夜中、すすり泣く声が子供部屋からするのです。


声をかけてみると泣き声は消えてしまうし寝たふりをします。


タカはタカなりに、私に心配させまいと我慢していたようなのです。


母子家庭の生活はスタートを切ってしまったし

私は仕事についてしまいました。


私は子どもを抱えて生きていくことに必死になっていました。

頑張っている私の前では、子供たちは寂しいとは絶対にこぼしませんでした。


けれど、しばらくしてから、次第に学校から

お仕事を辞めて、家に居られるようにはなれないかと

注文が入るようになってきたのです。

スポンサーサイト

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:アスペ育児:記録
テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
 うまいもんグルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。