TOPスポンサー広告担任の先生 病院へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:スポンサー広告
TOPアスペ育児:記録担任の先生 病院へ

担任の先生 病院へ

特殊クラスに同学年の大きな男の子がいました。

なぜかしら、タカはその子をからかってばかりいると

担任の先生が連絡をしてきました。


先生の話によると、タカはその子の名前を

面白おかしくもじってからかうのだそうです。

言い続けているうちに、

その子は、真っ赤になって両腕を振りかざし

鬼のように怒ってしまうのだそうです。

怒ったら怒ったで、次にはタカは泣き出して

「ぼくの事をいじめる」と泣くということで、

先生は、タカがからかうから相手は怒ったんだと

説明してくださっても、タカはそうじゃなくてあいつがいじめるんだと

主張したまま、頻繁にからかうというのです。


困った先生は、どうしたらいいかを

Drに相談したいといわれました。


そこで、タカの主治医に相談に行ったのですが、

Drのアドバイスは


お互いに障碍という弱い部分がある子同士なのだから

どちらかをどうにかしようとかというのは無理な話なので

どうしても、そういう状況が回避できそうにないのなら

教室の階を変えるなどして、会わないようにしてあげるしかない。


というお話でした。


また、普通クラスで似たようなことが起きたとしても、

普通クラスの子にばかり我慢させていると

我慢させられている子供がストレスを溜め込んでしまい

関係が悪くなるから、やはりそういったときも

とりあえずは、収まるまで会わせない様にするなど

摩擦が起きない方法を取るしかないかもしれません。


というお話でした。


この頃から、タカは周りは自分にあわせてくれるもの


という認識ができていたようです。


Drからのアドバイスにより、

タカと相手の男の子の教室は階を変えることになりました。


そして、給食は一緒に食べるという方法も取りやめになり

別々のクラスで食べるようになりました。


同じクラスだった女の子は、普通クラスに戻っていき

タカは教室で一人となりました。


そして、タカと担任の先生とのマンツーマンの生活が

スタートしたのです。

スポンサーサイト

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:アスペ育児:記録
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
 うまいもんグルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。