TOPスポンサー広告林間学習

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:スポンサー広告
TOPアスペ育児:記録林間学習

林間学習

5年生になると、林間学習があります。

林間学習の夜にはファイアキャンプがあるのです。

このファイアキャンプで、火をつける前に、

ちょっとした、火の神様へ火を謙譲するという火の踊りがあります。


神様に火をささげる役をタカがおおせつかったのです。


そこで、担任の先生はタカが火を怖がらないようにと

毎日放課後、松明に実際に火をつけて

練習をしてくださいました。


たくさんの練習を繰り返すことで、

タカがきちんとできるようになることを、担任の先生が

理解してくださったおかげで、

一学期の後半には、タカと先生の関係がよくなってきました。


そして、夏休み・・

タカは林間学習にでかける当日、

バスに乗るときになっていきなり泣き出してしまったのです。


タカはちょっとした別れも一生会えなくなってしまうような

錯覚に陥ってしまうのです。

そうして、おかあさん、おかあさん・・と、泣き出して

なだめるのが大変でした。


なんとか、バスに乗せても


おか~さ~ん!! おか~さ~ん! さようなら~

いってくるよ~ ぼく、行ってくるからね~



と、やっぱり懇情の別れのよう・・・


しかし、バスは定刻に出発し、タカはバスの中で

一生の別れかのように手を振り出かけていきました。




夜になると、私の携帯に電話が入りました。


誰かしら・・と、思い出てみると、


去年までの担任の先生でした。


タカのことがどうしても心配で心残りでいたたまれず

思い余って、キャンプ場まで長距離車を走らせて

様子を見に行ってくださったというのです。

これには、私も本当に驚きました。

何時間もかけてキャンプ場まで、わざわざいってきて

くださいったというのです。


「私、転勤してから、転勤してよかったかしら

どうしているかしら、ちゃんとやっているのかなあって思っていたの。

それで、心配で心配でずっと心残りだったし

林間でちゃんとやれるかしらってすごく心配だったから

様子を見に行ってみたんだけど、

キャンプファイアで火の係りを立派にやりこなしてね

たくましくなってて驚いた。成長だね。

私もとっても安心して、これで心残りがなくなったわ。

お母さんも安心してね。ちゃんとやってたからね。」


と、心使いのお電話を下さったのでした。


にもまして、私は先生が担任を離れてもなお

タカのことを心底心配してくださっていたことに

ありがたい気持ちでいっぱいになりました。



うるさい子、嫌な子、困った子・・・と、

周りから言われるものの、やがてはその人たちも

タカの障碍を理解してくださるようになると

タカにはタカの性格や個性が他にあって

障碍は障碍としての特徴があって

障碍によって出る部分はタカのすべてではない


そんなことを感覚的に理解してくださるようになってゆきます。

そして、タカはタカとして、

普通クラスの子たちからも、

「僕たちが居てやらないと、みっくんだめだからな~」

などと、援護してもらいながら

なんとか輪の中に入れてもらい、やっていけるように

なっていったのでした。


林間学習は2泊です。

翌日は、登山。



林間学習から帰ってきて、担任の先生から


「無理だったら、途中で他のコースに変更させようと

思っていたのですが、

一番上まで登るというものですから

やらせてみたんですが、頂上までちゃんと登れました。」


担任の先生は晴れ晴れとした笑顔で報告してくださいました。


そうして、タカと担任の先生との絆が次第に強く

なっていったようなのです。

スポンサーサイト

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:アスペ育児:記録
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
 うまいもんグルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。