TOPスポンサー広告学校で嫌な思いをした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:スポンサー広告
TOPアスペ育児:記録学校で嫌な思いをした

学校で嫌な思いをした

今日、息子が学校から帰ってくるなり

今日は朝飯を食べないで急いで出かけて

学校でも給食を食べなかったから、

2食抜いてしまって、おなかがすごく減っているという。


「どうしたの?」


と、聞いたら、


「ん~・・・学校でいじられた。」


という。


「いじられた???」

良く意味がわからない。


「いじめられたの?」



「うん・・ってか、からかわれたんだけどね」



「どうしたの?」



「担任に報告したけど・・」



と、なんとなくそわそわしているので、


これは、じっくり聞いてあげなければな・・と、思い、


「詳しく話してごらん。よく聞いてあげるから。」


と、言うと、


息子は座り込んで説明をはじめた。


息子の場合、その場面を説明しようとすると、

記憶にその場面が鮮明によみがえるのだろうと思う。


だから、辛い思いを説明するのは、酷く辛いのだろうけれど

説明してもらわなければ理解できなのため

あえて話を聞いてみた。


すると、息子の行動をからかわれたのだそう。。



息子は電車を見るのが好きで、電車を見ていると

クラスメイトにからかわれる。


隣の教室が一年生なので、興味深めに教室を覗いているだけで

クラスメイトにからかわれる・・


息子は、アスペの特徴でもある、言葉をそのままストレートにしか

受け止めることができないから、

からかわれた言葉をそのままストレートにしか聞こえず

ショックで、どうしたらいいのかわからず

給食の時間、校内をさんざんさまよって

そして、担任に相談しようと思い立ったらしい。


担任の先生に、相談をすると即座に対応してくれたが

本人の希望から、これまで黙っていたが実は高機能自閉であることを

説明してもらったのだという。


息子は自分から私に学校での出来事を説明してきたが

少し自分を否定しているようなところがあったので

自分がアスペであることは、否定する必要はないのだということを

説明してあげた。


「むしろ、その特徴は理解の仕方、活用の仕方によっては

天才脳として利用できる。

無駄に生まれてきたわけではない。

あなたがその障碍を持って生まれてきたのは、

みんなに伝えるためなのだから、意味があるのだから

何一つ否定するものはない。

不可能なんてこともまったくないし、自信持ってていいんだよ。」


と、話してあげたら、


「うん。。。うん・・・」といいながら、気持ちが楽になったらしい。


もう16歳ともなれば、今は自分の障碍の特徴を知って

自分を自分で認めていくことが必要だと思うよ。。と、


このごろ、数冊の本を買ってあげた。



アスペルガーの本人が自分を理解するための本。

とても簡単な言葉で、自分の状態との付き合い方、理解の仕方が書いてあります。


  

 
あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド
ローナ ウィング、吉田 友子 他 (2005/06)
中央法規出版

この商品の詳細を見る



あなた自身のいのちを生きて―アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害への理解
グニラ ガーランド (2003/07)
クリエイツかもがわ

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:アスペ育児:記録
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
 うまいもんグルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。