TOPスポンサー広告アスペルガー症候群との接し方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:スポンサー広告
TOPアスペ育児:お薦めアスペルガー症候群との接し方

アスペルガー症候群との接し方



今日はお勧め書のご紹介です。

ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方 という本です。

半分がイラスト、半分が大きめの文字で説明されている本です。

アスペルガーの特徴やアスペルガーの子供がどう感じ、どう理解するか?

などが細かく説明されています。


だいたい、幼少期から中学1年生くらいまでの子供の事を説明しているでしょうか。

つまり、早期発見早期対応で、アスペルガーは社会に適応していくことが

出来るようになるのですという解釈の元に書かれているというような内容です。


アスペルガーは治るということはありません。

けれど、治療は可能なのです。

治療すること、本人と親、周りの人たちが学習することで

アスペルガーは経験を繰り返し社会に適応していくことができるのです。


きちんと適応するための力をつければ、犯罪を犯すことはありません。

残念にもアスペルガーであり、犯罪を犯してしまった人は

社会的な適応のための学習を積んでいないために

悲しい出来事を起こしてしまったという理解ができるのです。


この本は生活の中でのちょっとした場面での

アスペルガーの子に対しての話し方が示されていたり

どうしたら身につけさせることが出来るのだろうかなど

日常生活のうえでの具体例が出ていて分かりやすいのです。



たとえば・・・・



アスペルガーの子供が、友達のお人形をふみつけました。

友達は泣いていますが、どうして泣いているのかわかりません。

そんなとき、保育士の先生が

「そんなことをしてはいけません!いい加減にしなさい」と

叱ります。


すると、アスペの子は・・・・


「そんなことってどんなこと?」

「いい加減ってどんな加減?」


と、反応します。



たしかに、確かに・・・タカもそうだった。笑



「いい加減ってどんな加減?何度?」


と、タカも聞き返してくるのです。


大人はまともにそれを受け取ってしまい


「図に乗るのもいい加減にしろ!」とまた叱ります。



すると、



「ず?」



と、いいながら、絵や地図の上にのります。



「ズに乗ったよ(^_^)」


こうして、周りの怒りをドンドン買っても


タカにはまったく相手の怒りがドンドン増していくことが


理解できないでいるのです。



相手がするようにしてるのに、どんどんしかられてしまう。


なんで?どうして?


先生の言ってるようにしてるのに・・・


そうして、タカはパニックしてしまいます。


暴れたり、泣き叫んだり、物を壊したり・・


事態は最悪になり、注意している先生も


注意されているタカも滅茶苦茶・・・



さて、こんな時は、


タカは漠然とした表現の仕方が理解できないのだ


という事を、まず理解して


具体的な言葉使いをします。


「そんなことをしてはいけません!いい加減にしなさい」は

「その子のお人形を踏んだら、お人形がかわいそうでしょう、お友達が大切にしている

お人形だから踏みつけたら駄目よ」


という感じに具体的に説明を含めて注意します。


すると、「お人形痛いって?」などという返事が戻ってきます。


「お人形も痛いし、汚れてしまうし、お友達も悲しいよ」

と、また具体的に相手の気持ちを伝えてあげることで理解できるようになります。



この本にも、そういった具体例がたとえられています。


私もこの本を読みながら、そうそう。。タカもそうだったな・・・と


思い出しながら、読み返しました。



アスペルガーの子供を理解して、どう接していったらいいんだろう?


と、迷う方にはとても参考になる本です。




スポンサーサイト

アルファポリス投票
 
子育てblogランキングを見てみる
にほんブログ村 障害児育児
にほんブログ村 発達障害・自閉症
にほんブログ村 再婚・ステップファミリー

 
  カテゴリ:アスペ育児:お薦め
テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児
| Top Page |
 うまいもんグルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。